2008年10月4日土曜日

ヘクトールの葬儀

なんの脈絡もなく iLiad が死んじゃいました。正確にいうと生きてはいるのだけど、その本質である電子ペーパー部分が死亡。画面全体がほぼ真っ黒になって、縦横に白い縞が出ている状態。

20081004386

 

iRex から新モデル出てるし、新モデル3機種のうち、一番自分の使い道にあってるやつだけ在庫あるし、なんか今ユーロ安いし。お金ないけど、無いと困るので少し悩んで発注。

新しいのを買ってしまうと iLiad の利用頻度は極度に下がることになるので修理に出しておくべきか迷うところ。

6 件のコメント:

iriemon さんのコメント...

あらら、ご愁傷様。
そういえばSonyから新しいのが発表されてましたな。解像度は上がってないみたいでしたが。

てすり さんのコメント...

ソニーのは大きさ的には持ち運びに丁度よいんだけどねぇ。
あの解像度では文庫本以上は無理。

ぽんた さんのコメント...

いきなりの質問で恐縮ですが、一つ教えていただけないでしょうか。
実は、初代iliadを持っているのですが、半年ぐらいで塗装が変質して剥げ始め、一年ぐらいで、持っていて不快なほどべたつき感を感じるようになりました。(軽く爪を立てて跡が付くほどです)
そこで、dr1000の購入を検討しているのですが、また同じ事にならないか非常に気掛かりです。
教えていただきたいのは、dr1000の塗装はiliadの塗装とは同じようなものでしょうか。黒い部分は似た感じに見えますが、やははり写真ではわかりません。是非ご意見いただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

ぽんた さんのコメント...

dr1000についての投稿のところに、コメントを書いたつもりが、こちらに書いてしまいました。
すいませんが、改めてよろしくお願いします。

てすり さんのコメント...

iLiad と DR では表面の仕上げは別ですよ。
表面加工の手法について詳しくないので、明確な説明ができないのですが、iLiad のようなマットな感じではなく、普通(?)のプラスチック感のあるものです。

ぽんた さんのコメント...

さっそくの御返事ありがとうございます。
これで購入に踏み切れます。(最終的には私の自己責任ということは当然です)

iliadの塗装は高温多湿の環境に弱いように思えます。
iliadの塗装については他にも同じような症状を訴えていた人がいるので、それもあって、dr1000では変えたのかもしれません。もちろん、想像ですが。

私のiliadでも、画面上に何本かラインが出て消えない不具合もありirexの品質には若干不安を覚えます。しかし、解像度とペン入力という点で他に選択肢がないのでdr1000を購入しようと思います。
本当に助かりました。ありがとうございました。
今後のレビューにも期待しております。